2018年10月4日木曜日

秋の味覚


今年は次々と強力な台風に見舞われ、野菜や果物の生育に影響が出てきています。

このような状況にあって、おいしそうな果物をいただけることは感謝の念が絶えません。

そこでいつものように、味覚を楽しむ前に感謝を込めて描くことにしました。



2018年9月15日土曜日

合掌造りの白川郷


ユネスコの世界遺産に登録され、合掌造りの集落で有名な白川郷。

白川郷は岐阜県荘川流域の呼称で、この合掌造りは屋根裏の容積を大きくし、豪雪対策や養蚕にとって都合の良い切り妻屋根を採用しており、この集落の自然との調和が美しく、ゆったりとした空間が印象的です。

そして、白川郷の萩町地区は他地域の合掌民家集落と違って、今も実生活の場として使われているところに価値があるとも言われています。


毎年2月頃の週末には夜間ライトアップが行われるそうで、次回はこの時期に来てみたいと思っています。

2018年9月8日土曜日

安曇野・大王わさび農場の水車小屋


大王わさび農場は松本市からも近く、長野自動車道・安曇野インターチェンジから北方面に、車で約10分程の所にあります。

わさびは冷たく清らかな湧き水が流れるところでしか栽培できないと言われるように、ここは北アルプスの雪解け水が湧き出る水が栽培に適していることから、日本で一番広い栽培面積を誇るわさび畑だそうです。

一般に畑と言えば土を耕して栽培すると想像しますが、わさびの場合は清流の中で栽培しているのが特徴的で、その風情がすがすがしさを感じさせます。

そして、わさび畑のすぐ横には湧き水を湛える蓼川が流れており、ここには三連の水車があります。

ここは黒沢明監督の映画“夢”の舞台になった場所でもあり、安曇野の原風景が堪能できるため、わさび畑と合わせて観光スポットとなっています。

この水車小屋に流れる清らかな水とそれを包み込む涼やかな風情を残した原風景を描いてみました。


※ページ欄には各種作品集を掲載していますので、こちらもご覧ください。

2018年9月1日土曜日

奈良公園・手向山八幡宮


お水取りで有名な二月堂の南側にある手向山八幡宮。(たむけやまはちまんぐう)

奈良時代 聖武天皇が大仏の造営時、宇佐八幡宮を東大寺大仏守護神として勧請したことから、東大寺の鎮守社として崇敬されてきました。

また、この辺りは紅葉の名所としても有名です。


この絵は、境内へ入る門をくぐってすぐのところから描いています。

もちろん描くときには参拝者などの迷惑にならないように。また、宮司さんに一言声を掛けましょう。

※ページ欄には各種作品集を掲載していますので、こちらもご覧ください。

2018年8月28日火曜日

おいしそうな果実


美味しそうな果実。
すぐにでも食べたくなりますが、ちょっと我慢。

このみずみずしさを描くには、うってつけの水彩で描いてみました。

手前みそですが、おいしそうと思って描けば、不思議とおいしそうな絵になりますね。



※ページ欄には各種作品集を掲載していますので、こちらもご覧ください。