2018年12月19日水曜日

長岳寺の鐘楼門


前回掲載しました石上神宮の南に長岳寺があります。
どちらも山の辺の道沿いにあり、ハイキングスタイルでの参拝者を多く見かけます。

この長岳寺は天長元年(西暦824年)に淳和天皇の勅願によって弘法大師が大和神社の神宮寺として創建された古刹だそうです。

大門をくぐり、両側につつじの生垣が続く参道を行くと、我が国最古で重要文化財に指定され、かつては上層に鐘楼が吊られていたために鐘楼門と呼ばれる門があります。

今回はこの鐘楼門を描いてみました。


2018年12月1日土曜日

鶏のいる石上神宮


奈良から桜井までの古道として有名な山の辺の道。
この道を歩けば、四季折々の草花と共に、二上山、葛城山、金剛山の山々の眺めも美しいく、多くのハイカーが訪れます。

石上神宮はこの道のほぼ中間地点沿いにあり、勿論ハイカーも参拝者に交じって訪れています。

この神宮、日本最古の神社の一つで、武門の棟梁たる物部氏の総氏神として、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきました。

境内はうっそうとした常緑樹に囲まれ神々しさを感じさせる中に、東天紅・烏骨鶏・レグホン・ミノルカなど珍しい鶏が放し飼いされており、訪れた人を和ませてくれます。


2018年11月22日木曜日

紅葉に染まる談山神社


関西の日光とも言われている談山神社。

木造の十三重の塔は日本最古で、周りには3000本のカエデに包まれ、美しく染まる紅葉と歴史ある景観が楽しめます。

今年は例年より暖かく、11月下旬には本格的な見頃になるのではないでしょうか。


無料の駐車場が整備されているためか、一般車に加え桜井駅からの臨時バスで多くの観光客が訪れるほどの人気ぶりでした。

尚、この神社は猿楽の発祥地と言われ、毎年5月には境内の権殿で談山能が奉納されるそうです。

2018年11月3日土曜日

曽爾(そに)高原のススキ


奈良県曽爾村の曽爾高原はすすきで有数の名所です。

ここは標高約700メートルの地点にあり、約40ヘクタールの一面にススキが自生しています。
毎年10月下旬~11月中旬に見頃を迎え、この黄金色の世界を見ながらハイキングを楽しむ方が多く訪れるそうです。

奈良市内から曽爾高原へは車で1時間強程で行けますが、当方は今まで行ったことがなく、秋晴れに誘われて今回初めて行ってきました。


但し、今年は相次いだ台風の影響によりススキが根元から倒れたり、穂が実らなかったりする被害が出ているそうで、観光写真と比べれば少し残念でした。

しかし抜けるような青空の下、そよぐ風にススキの穂が山肌一面ウェーブのように揺らぐ光景は、まさに日本の原風景といった情緒を醸し出していました。

2018年10月29日月曜日

イガ栗


最近は穏やかな秋晴れが続き、日差しが無いとちょっと肌寒さを感じるようにもなってきました。

今年もいっぱいに日差しを浴びて育った果物がおいしそうです。

例によって食べる前に感謝を込めて描きましたので紹介します。